FC2ブログ

EAのバグ、システム障害、人為ミス、自然災害

MB-TradingSystemは月曜日と金曜日は逆指値するとすぐにキャンセルされるという不具合が生じている。
MB-TradingSystemの開発者様はMT4のバグでMB-TradingSystemのバグではないという見解。
どちらのバグなのか、判断する材料はないのでよくわからない。
ただ、MT4のバグだったとしてもそれを回避するためのバージョンアップがしてほしいと思うけど、開発者はいろいろ試しているけどできないと。
ForexAryehは月曜日も金曜日も問題なく逆指値しているので、何らかの方法はありそうに思うが...。
でも、月曜日は週明けで相場が安定しないし、金曜日は雇用統計があったり週またぎの持越しをしたくないという事情もあるので、仕方ないとあきらめている。

ベアト姉妹も本来のエントリー時間は月曜日の東ヨーロッパ時間の4時、4時30分、5時、5時30分だが4時にエントリーせずに4時30分から始まることがある。
そうすると4時の代わりに6時にエントリーして、本来のfx-onのエントリーと比べてbuyとsellが入れ替わったりして、当然、成績も異なってくる。
どうしてそういうことが起こるのかわからないが、ベアトの開発者はMT4のバグと言いそうだし、やりとりするのが面倒なのであkらめている。
何とか直らないかとパソコンの時計の時刻をインターネット時刻と同期させて、正確にしてみたがダメ。
土曜日にセットしたり、月曜日の朝のエントリー直前にセットしたときにずれたので、日曜日か月曜日の朝早くにセットするようにしている。

redでバグがあり、fx-onのコメントで修正を依頼して、直ったはずがまた同じバグ。再度修正依頼して、昨日、ようやくバージョンアップ。今度こそ、大丈夫だとよいが。

ブローカーのシステム障害は結構、頻繁に起こっているようだ。
外為ファイネストのシステム障害情報
外為ファイネストは偉いと思う。
わかりやすくシステム障害を報告しているので。
それをみると、レート配信元のトラブルも多いことがわかる。

また、セントラル短資では4月にシグナルの提供元の不具合で一部のシグナル配信がないことがあり、私はQuickShiftのGBPAUDで儲け損なってしまった。。。。

人為ミスもある。
これは一番多いのは私自身だけど(-_-;)

それに自然災害ね。
東日本大震災のように大きな地震が来れば、どうなることやら。。。
通信回線、ブローカーのサーバー、VPS、懸念は大きい。

ストップロスを置いてあるから大丈夫という話もあるが、流動性が失われたらストップロスは機能しない可能性が高い。
スイスフランショックみたいなことがいつ起こるかわからない。
そういうことを考えると、レバレッジかけているってものすごく怖いことよね。

いろいろなリスクも含めてのFXの自動売買ということを忘れてはいけないと思っている。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR