FC2ブログ

百花繚乱

新規に導入したもう一つのEAは百花繚乱。
フライング…指がっ
EURUSDとUSDJPYの二つ。

katamikeさんのココペリやたけぐまを考えていた。
特に、たけぐまはEURUSD、USDJPYともに半年ほどフォワードテストがあって、良好な成績。
ただ、katamikeさんのいろいろなEAを見比べると、どうしようかと。

katamikeさんのEAは、Serval Followを除き、すべて「相場の長期的な方向性が定まったタイミングを見計らい、精度の高いエントリーで着実に利益を稼ぎます」と書いてあり、総じてエントリー数が少ない。

katamikeさんのServal Followを除いた各EAを比較すると次のとおり。

JaguarArm 複数のエントリーロジック(正確な数は不明)、トレーリングストップによる決済 2017年11月上旬発売
たけぐま 6種類のエントリーロジック、トレーリングストップによる決済 2017年11月中下旬発売
ココペリ 5種類のエントリーロジック、トレーリングストップによる決済 2017年12月下旬発売
Xenoblast 7種類のエントリーロジック、トレーリングストップによる決済 2018年1月下旬発売
StablePointGetter 7種類のエントリーロジック、固定指値による決済 2018年2月下旬発売
百花繚乱 9種類のエントリーロジック、トレイ―リングストップによる決済 2018年4月中下旬発売

発売時期が近いことからわかるように、エントリーロジックの数を変えたり、決済方法を変えたりしているのが、すべて兄弟EAといえる。
いずれのEAも何日もエントリーがないこともあり、エントリーがあるときは同じ方向でエントリーがある。
日足を使ってトレンドを見てエントリーしていると思われる。

これらすべてのEAの問題点として、トレンドがないときにはエントリーしないことにより、エントリー数が少ない。
損をするくらいならエントリーしない方がよいとはいうものの、雇用統計などで稼働を止めたら、ますますエントリー数が少なくなるし、ようやく訪れた収益機会を逃してしまうかもしれない。
そう考えると、経済指標で稼働を停止するスキャルピングよりは、稼働停止せずにエントリーをしたらできるだけ大きく取るようなEAが好ましい。
百花繚乱は「コンセプトとして、「利大損小(損小利大)」を主戦略」となっており、最も私の好みにあったというわけ。
日足でトレンドをみるという部分の精度は、半年のフォワードテストがあるたけぐまで実証されており、百花繚乱のフォワードテストは短いものの、まあいいかと。

それと、百花繚乱は利大損小にも拘わらず、バックテストのPFが2.5を超えており、驚異的!素晴らしい!
フォワードテストが短いし、過剰最適化ではないかとの不安もあるが、最大SLが74pipsなので、一度に壊滅的な打撃を受けることもないと考えている。
ただ、勝率が5割強なので、負けが続くことは想定しておかないといけない。
どうなるだろう???

利大損小百花繚乱EURUSD
10年間の1ロット運用で2,400万円の利益 PF2.50超 期待利得10,000円超 利大損小 単一ポジションの正攻法EA
10年間の1ロット運用で2,400万円の利益 PF2.50超 期待利得10,000円超 利大損小 単一ポジションの正攻法EA?|?fx-on.com

利大損小百花繚乱USDJPY
10年間の1ロット運用で2,000万円の利益 PF2.80超 期待利得10,000超 利大損小 単一ポジションの正攻法EA
10年間の1ロット運用で2,000万円の利益 PF2.80超 期待利得10,000超 利大損小 単一ポジションの正攻法EA?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR