バックテストのここを見ろ!(1)

自動売買は基本的に相場のクセを狙って、確率の高い方に賭けて利益を上げようという戦略である。
例えば、時間足で順張り、5分足で逆張りでエントリーするというのは、5分足の逆張りは反転の確率が高いと見込んで、それに賭けることになる。
MT4では、利益が上がる確率が高いかどうかはバックテストで確認する。
しかし、先の記事に書いたようにバックテストは後出しじゃんけんなので、たまたま偶然で損益曲線が右肩上がりで利益が増えているのか、本当に利益が上がる確率が高いのか(それをエッジがあるという)はわからない。
偶然ではなく、エッジがあるというためには、バックテストの回数が重要になる。
バックテストの取引が1,000回以上あれば偶然ではなく、エッジがある可能性が高いそうだ。
ただ、多重ポジでナンピンするようなEAの場合、ナンピン分も含めて1回と考えた方がよい。
平均3ポジとるなら取引回数は3分の1と考え、取引回数は3,000回必要となる。
販売されているEAのバックテストをみると、1,000回以上は結構ハードルが高い。

バックテストの取引回数が少ないEAは要注意!

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR