Racco & WhiteBear (EURUSD)

fx-onで最も多く売れたEAは、多分、ラッコ様の WhiteBearV3、963個も売れている。

トレード時間が短くなって、ストレスフリーに一歩近づいたシロクマ 君
900本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com

WhiteBearV1やV1EXなどはさまざまなブローカーの口座開設などのプレゼントEAにもなった。
EAの名称にEURUSDと通貨ペア名が付かないのはWhiteBearシリーズとして最初に開発されたから。
他のWhiteBeaシリーズとともに早朝スキャル。

Raccoもラッコ様の早朝スキャルで、WhiteBearの原型となったものだろう。
RaccoV1がプレゼントEAになったことがあり、私もプレゼントでいただいた。
RaccoV1は60分足で順張り、5分足で逆張り、リミットに刺さるか、ストップに刺さるかしないとクローズしない。

復刻版ラッコV1登場!
Racco V1(ラッコ祭り対象者限定)
Racco V1(ラッコ祭り対象者限定) | fx-on.com

RaccoV2は30分足で順張り、5分足で逆張り、リミットやストップ以外でクローズする機能がプラスされている。
Raccoの逆襲・・・?トレードを概ね米国時間に限定!
Forex Racco V2
Forex Racco V2 | fx-on.com

いずれのEAもかつては利益を少しずつ積み上げていたのに、2015年半ば頃を境に大きなドローダウンが頻繁に起こるようになり、哀れな損益曲線になってしまった。

理由はもちろんわからない。
私が推測するには、1つはスイスフランショックの影響。
ユーロ安になるとスイスがせっせとユーロを買っていたし、スイスの金融政策をあてにトラリピをしていた多くの投資家もユーロ安になるとユーロ買い、少しでもユーロ高になると利益確定を繰り返していた。
それがユーロのボラティリティを抑制していた。
そうした状況に最適化していたために、スイスフランショック後にボラが上がると大きなドローダウンを繰り返すようになったのではないかと。
もう一つの理由は、ボラはあるのにトレンドがなくなったこと。長くレンジ相場が続いている。
バーゼルⅢも影響しているかもしれない。
トレンド相場の押し狙いのトレードは失敗しにくいがレンジ相場は失敗しやすい。

私自身は、オアンダのプレゼントでいただいたWhiteBearV1だが、2015年秋には運用を停止した。
WhiteBearUSDJPYの購入でいただいた、RaccoV1は今年、2017年3月初めまで運用していたが、調子は上がらないまま大き目のドローダウンがあったので、やはり運用を停止した。

WhiteBearZ USDJPYなどは今のところ好調をキープしているが、日本のGPIF(年金積立管理運用独立行政法人)が外債を購入しなくなるなどの外的環境が変われば、注意が必要と考えている。
トレンドがないのにボラばかり大きくなれば危ない!

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR