朝スキャ

朝にスキャルピングをすることを略して「朝スキャ」。
朝スキャのEAって、結構多いですよね。
白熊さん、エゴイストさん、コヨーテさん、ねこさん、黒豹さん、ラッコさん。
エゴイストさん以外はなぜかみんな動物(笑)
朝狩りのイメージでしょうか?
どうせなら、エゴイストさんの名称変更求む!

朝スキャのEAは日本時間の未明から早朝にかけてスキャルピングをする。
時間足などでトレンドを確認して、その押しを狙うというパターンが多い。
(私が持っている朝スキャEAはそのパターンです。)

なぜ、朝スキャなのかといえば、多分、その時間は指標発表やイベントがほとんどなく、
指標発表やイベントで乱高下や値が飛んで損失になることが少ないからではないかと思っている。

ただ、朝スキャのように稼働時間を制限すると、取引回数が減ってしまう。
1日のうち4時間のみ稼働とすれば、取引機会は通常の6分の1。
さらに、日本の土曜日早朝、週末持ち越しが厭ということで動かさなければ、さらに取引機会は減る。
そのため、取引回数を増やすために、複数ポジションを持つEAが多い。
しかも、ナンピン(含み損が出ている状態で)ポジションを増やしていく。
ナンピンすると何とか損益トントンが微益で逃げ切れることが多い。

ナンピン分のエントリーもまとめて1回の取引とカウントすれば、実質的な朝スキャの取引回数は多くない。
実質的な取引回数が多くないために、EA開発段階で最適化することでバックテスト上はフルポジの大きな損失は回避される。
そのため、綺麗な右肩上がりの損益曲線で、PF2以上の素晴らしいEAができあがる。
しか~し、実運用ではフルポジで大きな損切りを食らうことがある。

だからと言って、朝スキャを全否定するつもりはない。
実際、私も白熊君やコヨーテ君の朝スキャEAを使っている。

重要なことは朝スキャのEAの特徴を理解し、フルポジ損切りに耐えられるロットに抑えること。
そして、FOMCなどのイベント時は止めること。
日本時間の午前中に日銀会合があるときやこの間のトランプ大統領の議会演説のときなども止めておいた方が無難。
イベント前は薄商いで相場が荒れやすい。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR