スプレッドと滑り

風邪をひきました
しばらくブログの更新ができませんでした(;д;)

さて、EAのバックテストと実際の成績の乖離の理由として、スプレッドとスベリの問題がある。

FOMCやECB、指標発表などのイベント時、そして多くのブローカーのメンテナンス時となる夏時間なら日本の朝6時、冬時間なら朝7時前後は、バックテスト時に想定しているスプレッドよりも大きくなる。
また、一部のEAはスプレッドフィルターが付いており、スプレッドが一定以上になるとトレードしないようになっているが、スプレッドフィルターによってエントリーのタイミングがずれ、結局損をしてしまうこともある。
FOMCやECB、指標発表などのイベント時はスプレッドが開くだけでなく、乱高下し、利小損大のスキャルピングEAは儲かるときは小さく、損をするときは大きくなるので、止めるのが基本である。

あと朝スキャルはどうしてもスプレッドが開く時間の取引になるので、朝のスプレッドが開かない業者を選ぶことが重要になる。
日本の業者だと、FXトレードフィナンシャルはスプレッドが開く時間が長いので注意。
スプレッドははfx-onスプレッド比較ページで確認できる。

滑りは注文した時点と約定した時点で値が異なることを言う。
呑み業者は必ず顧客側が不利になると言う人がいるが、日本の業者の場合はそんなことはない。

今はなき、アルパリジャパンがある日を境に指値で私の側に有利な滑りが発生して、トラリピ系EAに不具合が生じるということがあった。
そのとき、カスタマーセンターに聞いたところによれば、金融庁からの指導で、顧客側だけに一方的に不利な条件を押し付けてはいけないこととなったと聞いた。
実際、オアンダジャパンのベーシックも呑みだったけれど、滑りは有利なときも不利なときもあった。

当たり前ながら海外業者に日本の金融庁の指導はないので、顧客側の有利な滑りは滑らせずに、業者の利益になっているかもしれない。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR