FC2ブログ

EAの開発者

EAを選ぶとき、バックテストとフォワードテストをみるっていうのが一般的。
ただ、所詮、バックテストは後出しじゃんけんだし、新しいEAのフォワードテストは短い。
そうするとどのようにEAを選べばいいか?

実績のある開発者のEAを選ぶのが一番よいというのが私の結論。
もちろん、EAのタイプとか、バックテストやフォワードテストでPFとか、ドローダウンとかもみますが。

開発したEAの数、発売されてからの期間をみて、十分な実績のあると私が思う開発者は5名。
ラッコさん、東京システムトレーダーさん、ねこ博士さん、CYさん、トレーディングオフィスさん。
全員に共通するのは専業らしいこと。
専業っていうのは、本人もそれなりの自信と自覚もあるだろう。

私が現在、稼働しているEAは次のとおり。

ラッコさん:ホワイトベア(2通貨ペア)、カバ(りりーさんとの共同開発) 計3つ
東京システムトレーダーさん:ベアト3姉妹(07、ADX01、DELTA2) 計3つ
ねこ博士さん:final_max_5pair(4通貨ペア)、final_max_ED 計5つ
CYさん:一本勝ち(Aquarius、Canser)、オンリーワン(2通貨ペア)、3本の矢(3通貨ペア)、一石二鳥 計8つ
トレーディングオフィスさん:Solid(スキャルのみ)、Ava Swing(2通貨ペア) 計3つ

EAは1つだけど、長期運用の実績があるのは、しがないあらさーさんとおこんさん
おこんさんのCounterQは長い実績でもっと評価されてもいいと思うけど、fx-onでは新しいEAの方がよく売れる。
開発したEAが1つなのは、この二人は兼業で、本業が忙しいのだろう。

しがないあらさーさん:ブレイクスキャルシステム(3通貨ペア) 計3つ
おこんさん:CounteQ 1つ

今後に期待といえば、InstaのAlexeさん、百花繚乱のkatamikeさん、ドラゴンのFX貴族さんなど。
最近の成績はいずれもぱっとしないが、期待を込めてもう少し長く成績をみていきたい。

どんなEAも好不調があり、バックテストのようなわけにはいかない。
そのEAが本当にエッジがあるかどうかの見極めはとても難しい。
そのため、そのEAの運用を続けるかどうかの判断で、EA開発者への信頼感っていうのはとても大切だと思う。
信頼感ってファジーと思うかもしれないけど、実績によってのみ醸成されるわけで、結構シビア。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

MultiLogicShot_T2

今週の初めからMultiLogicShot_T2の稼働を開始。
MultiLogicShotの本家を先月稼働したばっかりなの
また、ぽちっちゃった('◇')ゞ

これで6種類の通貨ペアで稼働となる。
勝率が高くて利小損大なので、2つ、3つの通貨ペアで損失が重なったり、損失が連続すると結構痛い (>_<)
バックテストでは最適化でそういう事態は避けられているが、フォワードではそういうこともあると覚悟が必要。

複数通貨ペアで稼働できるEAは私好み。
本当にエッジがあるかどうか見極めやすいし、どれか1つの通貨ペアがだめでも他の通貨ペアがよければガマンできる。

MultiLogicShot_T2
MultiLogicShot_EAの別通貨(EURJPY・GBPJPY・AUDUSD)バージョン
MultiLogicShot_EAの別通貨(EURJPY・GBPJPY・AUDUSD)バージョン?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

BandCross3の再稼働

来週からBandCross3も動かすことにした。
最近、バージョンアップがあって、fx-onの成績をのぞいてみたら、回復している、今年の3月頃から。
私が稼働停止したのは、今年の2月。
1年間くらいは右肩下がりだったのに、私が稼働停止したら復活するのかっ。。。
EAあるある。

BandCross3の稼働時間は冬時間9時~16時、夏時間8時~15時、BlackCatの稼働時間は16時~翌7時(それぞれ日本時間)で、ほぼ反対の時間に稼働し、補完しあえそう。
BandCross3や朝スキャは大きな指標発表がない時間帯を狙うという意味で、納得感がある。
しかし、BlackCatは指標発表で乱高下しやすい時間帯も入っているから、結構チャレンジな気がする。
いずれにしても時間帯によって相場の動き方が違うので、時間帯を絞るというのも戦略としてはありと思うが、どうなるだろうか。

BandCross3 EURUSD
統計的分析により最大1ポジションで利益を積み上げるローリスクタイプEA
統計的分析により最大1ポジションで利益を積み上げるローリスクタイプEA?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

ラッコさんのBlack Cat V1

もう一つ新たに導入したEAがラッコさんのBlack Cat V1

Black Cat V1

以前、ラッコさんの白くまEURUSD(オアンダキャンペーンの無料のもの)やRaccoV1を稼働させていたが成績不振で撤退した後、朝スキャはドル円、ユーロ円ばかりで、EURUSDはなくなってしまった。
(追記:MultiLogicShotをすっかり忘れてた。MultiLogicShotは朝スキャで、USDJPY、EURUSD、GBOUSDだった(-_-;))

白くまEURUSD(オアンダキャンペーンの無料のもの)やRaccoV1はfx-onのフォワードがなく、RaccoV2のフォワードはあまりぱっとしない。
白くまEURUSDはいろいろのバージョンがあって、あちこちのブログをみると、そこそこよい成績だったりもするがバージョンが違えば成績も異なるだろうし、う~んということで、新たにBlack Cat V1 を購入することにした。

Black Cat V1のフォワードは綺麗な右肩上がりの損益曲線で好調そのもの!
コツコツドカンなので、そのうちやられますがっ。

ところで、導入を決めた後に、衝撃の事実が発覚!
ラッコさんは朝スキャが多いので、Black Cat V1 も朝スキャと勝手に思いこんでいたが、Black Cat V1は16:00~翌7:00(日本時間)で、朝スキャでなかった。。。
気付いたのは購入前だったけど、すっかり買う気になっていたのでぽちっちゃいました(笑)

ラッコさんの白くまUSDJPYやEURjJPY、ラッコさんとリリーさんとのコラボのかばUSDJPYはそこそこ稼がせていただいていて、ラッコさんの開発者としての腕はやっぱり凄いと思う。
開発者としてレジェンド。

話は変わるが、朝スキャとして一世を風靡したエゴイストが復活しているね。

EGOIST (USDJPY)
トレンド追従型のシンプルなEAです
トレンド追従型のシンプルなEAです?|?fx-on.com

復活させたいところだが、10ポジとポジが多いのと、すでに朝スキャのUSDJPYは白くま、コヨーテ、ネコブーとあるので私は見送ることにした。
みんなやられるとキツイので。

それにしても、2017年以降は魅力的な右肩上がりの損益曲線。
私の稼働停止は2016年11月。
自分が稼働を始めると大きなドローダウン、稼働停止をすると好調、EAあるある(笑)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

1石2鳥のユーロ円

また、EAを買ってしまった。
2つも。
1つは1石2鳥のユーロ円。
CYさんのEA開発力は素晴らしいし、「価格そのものは計算対象とせずに「時間」と「価格」それぞれに順位をつけで売買する珍しいストラテジー」という言葉に惹かれて買ってみた。

1石2鳥のユーロ円のバックテストをみると、売りの勝率は86.05%、買いの勝率は55.06%、両方合わせた勝率が70.21%。
売りと買いの勝率がずいぶん違っている。
1石2鳥と同じく、CYさんが開発している、かの一本勝ちも売りの勝率は86.52%、買いの勝率は56.93%、両方合わせた勝率が72.12%で、ずいぶん似ているのだ。

偶然か?そんなわけはないと思う。
CYさんがロジックのパラメーターの数字の調整を売りと買いでわざと変えていると私は考えている。
では、なぜ、そんなことをするのだろうか?

本日(2018年10月11日)は株が暴落、日経平均1,000円安をみた。
だいたい株は上がるときは徐々に、下がるときは鶴瓶落とし、まさに秋の日暮れのごとしである。
そのため、株価のチャートはゆっくりと上がり、急激に落ちるという特徴を持っている。
株式を持っていると配当がいただける、おそらくそのことが株価のチャートの形と関係しているはずだ。

そして、為替のチャートも同様の特徴がある。
例えば、ドル円の買いはスワップポイントがもらえる。
日本より米国の方が金利が高いためだ。
そうするとドル円はゆっくり上がり、急激に落ちるというチャートとなる。
日本の金利は世界各国に比べて低いため、クロス円も同様となる。

ここまで書けばお気づきのように、CYさんがロジックのパラメーターの数字の調整を売りと買いでわざと変えている理由は、上りはゆっくり、下げは急激という相場の特徴を考慮しているのではないかと推測している。

それから1石2鳥のネーミングの基となっているアグレッシグモードとディフェンシブモードだが、fx-onのフォワードテストでディフェンシブモードのエントリーやクローズはアグレッシブモードのエントリーやクローズとすべて重複している(CYさんもコミュでディフェンシブはアグレッシブのエントリーを厳選していると答えている)ので、アグレッシブとディフェンシブの両方を稼働させた場合、2つの別々の戦略ではなく、勝つ可能性が高いときはロットが増えると考えるべきである。
残念ながらリスク分散効果は全くない。

1石2鳥のアイコンは可愛いが、石をぶつけられた鳥さんの眼から涙がっ。。。ちょっと複雑な気分。

1石2鳥(スタンダート版)
値上げ!価格そのものは計算対象とせずに「時間」と「価格」それぞれに順位をつけで売買する珍しいストラテジー
値上げ!価格そのものは計算対象とせずに「時間」と「価格」それぞれに順位をつけで売買する珍しいストラテジー?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

2018年9月の成績報告

9月も勝ちましたよ!!!

2018年9月報告

QuickShiftの18ペアのうちの3ペア、Aryehの2ペア、YBScalperの2ペア、redは9月の途中で稼働停止。
代わりに、Insta Rainmaker、3本の矢(3Y)の3ペア、MultiLogicShotの3ペアは9月の途中から稼働開始。

QuickShiftは稼働停止した3ペアはよくなかったけど、残りの15ペアで稼ぎ、3千pips超えを達成。
ベアト3姉妹も引き続き快調。
開発者はベアト姉妹は9月が苦手と言っているが、今年は心配無用だった。

ポンドがらみはブレグジットがらみの乱高下してやられたEAが多い。
これは防ぎようがない。
ブレグジットの関係がはっきりするまでは、ポンドがらみは稼働停止か、ロットを落とすというのも考えらえるが、乱高下で逆に稼ぐ場合もあるのでこのままで行こうと思う。

あと、Dragom、Monser、Fairlyの3兄弟がよろしくない。
PFが低いけど取引回数が多いからいいかなあと思って入れたが、やはり厳しかったか?
稼働を始めてからの期間が短いので、すぐには結論は出ない。

全体的には、今年はそこそこ稼がせていただいており、感謝!感謝!感謝!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
main_line
main_line
プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR