ねこ博士さんの5pairのboost値

ねこ博士さんの5pairのboost値は面白い。
boost値を上げると取引頻度が上がり、下げると取引頻度が下がる。
ねこ博士さんのバックテストによれば、boost値を変えても、すべて利益が出ている、素晴らしい!!!
ねこ博士さんのブログのバックテスト
AUDUSDはまだテストされていないのか、現時点ではブログに掲載されていない。
残りの4pairでboost値が低いとPFは上がり、boost値が高いとPFは下がるという傾向が綺麗に出ている。

ねこ博士さんによれば初期設定のboost値は1.5。
(fx-onからダウンロードしたとき、GBPUSD、EURUSDのboost値は1.0になっていたけど。。。)
私はどうしようか悩んだ末、boost値を1.7にした。

boost値が低い場合バックテストの取引数が少ないため、最適化の過程で大きなドローダウンが回避されている可能性が高い。
つまりboost値が低いときのPFはゲタを履いているため実戦でのPFはバックテストより下がりやすく、boost値が高いときの方がバックテストと実戦でのPFの差が小さいと考えられる。
PFはそのあたりも加味してみる必要がある。

スイスフランドルを除けば、収益が最も多くなるのはboost値が1.7。
私はスイスフランドルは運用していないので、boost値が1.5よりPFは下がるものの収益が最も多いboost値1.7に決めたというわけ。

ねこ博士さんは5pairの販売を400名で一旦停止するとブログで書いておられる。

買いたい方はお早めに!

【完全同一ロジックで5通貨ペアが右肩上がりのEA】
EA_final_max_5pair
EA_final_max_5pair | fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com





スポンサーサイト

2017年9月の成績報告

2017年9月報告

ねこ博士さんの5PairとEDは9月の途中から運用開始。
ECSーblackは9月の途中で運用停止。
雇用統計のときにいくつかのEAを裁量で決済。
ECBや日銀の政策決定のときにスキャル系を中心に一時稼働停止。

9月はミラートレーダーはQuickShiftがチョロ負け、Pminvestcapitalは好調。
QuickShiftは含み益を入れれば負けていません。

EAはAvaやred、laryyさんのPollenやAscallonなどが好調。
PollenやAscallonは8月にロットを下げたら、案の定、調子がよくなる(苦笑)
白熊さんのUSDJPやHippoが大きなドローダウンになったり、Shougunが負け続けたり、出入りが激しかった。

確定損益、含み損益を入れた実質ともに今月もプラス!
感謝、感謝 (^o^)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR