イベントへの対処方針

後出しジャンケンみたいでここに書くのはどうしようかと思ったけど、まあ、読んでいる人はほとんどいないと思うし、私の備忘録のブログなので書いておこう。

先週の金曜日、8月4日の朝、ベアト兄弟は利益確定しました。
ベアト兄弟はずいぶん負けがこんでいるのと、シカゴIMM通貨先物ポジションでドル売りが増えているという話があり、雇用統計次第でドル安の大きな巻き戻しの可能性があったから。
結果は利益確定で正解でした。

ただ、残りのポジションは勝ったり、負けたり。
ShougunはEURUSDのSellだったので含み損から利益確定へ生還。
MB-TradingSystemはUSDJPYのSellだったのであえなく損切り。
ForexSolidはスイングポジション1つがEURUSDのSellだったので含み損から利益確定。
おまけに雇用統計発表後すぐに追加のスイングポジションをとって、スイングなのに2分も経たないうちに利益確定。
LarryさんのPollenのGBPUSDはBuy、同じくPollenのUSDJPYはSell、AscallonのEURUSDはBuyだったのですべてやられました。
雇用統計発表後、反対ポジションで少し取り返したけど、損大利小の上、往復ビンタのポジションもあったので、損失の方が多い。

イベント前はスキャルピングEAは止めているが、ポジションを持っているときやスイング系EAはどうしようか毎回、悩んでしまう。
今回のことも踏まえながら、今後のイベントへの対処方針を決めておこう。

損大利小のEAはイベント前は早めに止めてポジションを持たせないようにする。
イベントでの値動きはテクニカルは関係ない。
したがって、上がる下がるが五分五分と考えると、損大利小のEAの期待値はマイナスとなるから。

ただ、損大利小のEAでもPollenやAscalonなどは数日ポジションを持っていることがあり、数日前から止めるわけにもいかない。
また、スイングEAもしかり。
そういう場合は損切りと利益確定までのpipsを勘案して、ポジションを閉じるかそのままにするかを決めたい。
例えば、含み損が50pipsのとき、損切りの-70ppsまでが20pips、利確の50pipsまでが100pipsあるならば、上がる下がるが半々と考えると、-20+100÷2=40で期待値はプラス。
したがって、イベントで一発逆転を狙ってポジションを閉じない。
一方、含み益をかかえている場合はイベント前にさっさと利確。
エントリー付近なら、当然、損大利小のEAは期待値がマイナスなのでポジションを閉じることとなる。
難しいのは損小利大のEA。
エントリー付近なら期待値はプラスとなるが・・・う~ん、リスク回避で閉じるどうかはそのときの判断かなあ。
ちょっと方針が揺れる。

なお、あらたさんのGBPJPY4時間足のEAはポジション保有期間が長いので、イベントでいちいち止めることはしない。
一本勝ちも開発者がイベント時も止めないようだし、イベント後に勝っていることも多いので止めない。
それからミラートレーダーもスプレッドが広いのと、QuickShiftはポジション保有期間が長いので同じくイベントでは止めない。

それから、イベントで大きく動くとEAはそれをトレンドと判定してしまい、大きく動いた反動の巻き戻しにひっかかってしまいやすい。
イベントで大きく動いたあとは、トレンドの押しを狙うEAは1営業日くらい休ませた方がよい。

バックテスと至上主義だとイベント時に手動でポジションを閉じたり、人的に稼働停止するのは邪道という人もいるかもしれないが、そもそもバックテスとは最適化のゲタを履いているわけで、少しは手の手も加えないと勝てないのではないかと私は考えている。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

復活!ブレイクスキャル・Nekoboo

ついつい新しいEAに目がいってポチッとクリックしたくなるけど、次々に買っていたらEA貧乏になってしまう。
そこで、利用中止したEAを復活しよう!ということになった。

利用中止したEAで使い物になりそうなものは?

Egoistはバージョンアップで、相場判定ロジック と 損失管理ロジックが実装された。
ただ、バージョンアップからまだ1か月も経っていないし、10ポジションというのは私のルール違反。
いずれにしても、もう少し様子を見てから。

WhiteBearのEURUSDは、fx-onのフォワードテストをみるとあいかわらず厳しい成績。
同じWhiteBearシリーズでUSDJPYやEURJPYはよいのになぜだろう?
Raccoも再稼働はちょっと無理そう。

為替係長さんのSCH-Trend system。
調子が悪かったのと両建てが嫌いだったので利用中止したのだけど、fx-onのフォワードテストをみるかぎり復活は無理っぽい。
為替係長さんから無料でもらったLTP-FLOATING system(EURJPY)は調子がいいらしい。
LTP-FLOATING systemを稼働させる手はある。
為替係長さんのEAはトレンドになれば利益が大きいが、そうでないと損失も大きい。
今後もEURJPYのトレンドが続くかどうか。。。

Nekoboo_Core2_Spec.Lは去年の6月に買って、ちょうど私が買ってから調子を悪くなり、泣く泣く稼働停止。
ただ、fx-onのフォワードテストをみるとバージョンアップで、リスクコントロールやボラティリティコントロールが機能して、今年は割といい感じ。
復活決定!

そしてそして、ブレイクスキャルシステム。
期待値が大きすぎて稼働停止したけど、やっぱりよいEAだと思う。
私のEAの稼ぎ頭、復活決定!

例年7月8月は欧米勢がバカンスシーズンになって市場が薄くなるので、EAの調子が悪いことが多い。
なので9月から復活とも思ったけど、決めたんだから今週からさっさと稼働再開!

ちなみに、買ったEAのなかでも復活の検討さえしなかったEAもいくつか。
買ったけど稼働停止しているEAを数え、自戒している。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

EAの運用停止

期待してEAを採用しても、残念ながら期待どおりにならないこともある。
私が運用開始する前はきれいな右肩上がりで利益を伸ばしていたのに、私が運用を始めると同時にドローダウンが始まるなんてこともやっぱりあるわけで。
もちろん、私の口座でも調子よく利益を積み重ねていたのに、ある日を境に、不調が始まることも。
それでも私は原則、6カ月は様子をみることにしている。

以前は、EAを買って1カ月くらいで運用停止したこともあった。
せっかく安くはないお金を払ってEAを購入して、1カ月で運用停止では話にならない。
いろいろ反省した結果、EA採用のルールができ、ドローダウンしても6カ月は様子見するくらいの余裕が生まれた。

6カ月様子を見たうえで、相場状況やEAのポジション取りなども考え合わせ、完全に運用停止するか、ロットを下げるかを決めている。
バックテスト以上のドローダウンが起きたら運用停止といったルールを決めている人もいるけど、私はそんなふうに厳密にはしていない。

完全に運用停止したあとも、fx-onのフォワードなどをチェックしている。
もし、復活の目があれば再び稼働しようと。
ちなみに、ドローダウンして一旦運用停止した後、復活したのはWallStreetRobo、Bandcross、Hippoの3つ。

BandcrossとHippoはドローダウン後、大幅なプログラムの変更が行われ、以前のEAとは別物というほどになった。
開発者の意地が感じられる。

統計的分析により最大1ポジションで利益を積み上げるローリスクタイプEA
BandCross3 EURUSD
BandCross3 EURUSD | fx-on.com

コラボで実現! Ririyのトレンドフォローの骨格にRaccoのフィルターを融合!
Ririy&Racco's Hippo
Ririy&Racco's Hippo | fx-on.com

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

損小利大 対 損大利小

EA開発者のブログへ結構おもしろいことが書いてある。

絶好調のSwallowの開発者のあっきー様は損大利小のスキャルピングEAには厳しい見方。


行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA
Swallow | fx-on.com

あっきー様のブログから絶好調のSwallowの無料ダウンロード(私も来週から稼働開始!)

一方、私の口座で大活躍のブレイクスキャルシステム開発のしがないあらさー様は損大利小がダメなわけではないと。

ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com

私の結論を言えば、損小利大も損大利小もそれぞれメリットデメリットがあるという、常識的な話に落ち着く(笑)

ただ、損大利小の勝率が高いタイプのEAはバックテストのPFが高くでやすい。
バックテストでは後出しじゃんけんの最適化により、巧妙に負けが回避されるため。
また、実運用でスプレッドの開きやスベリの影響を受けやすいのも損大利小のスキャルピング。
したがって、損大利小の勝率が高いタイプのEAのPFは当てにならないことが多い。
特に、取引頻度が低いEA、バックテストで取引数が少ないEAは要注意。
PFが2以上のEAはおしなべて損大利小の勝率が高いタイプ。
まあ、PFが2以上は、残念ながら絵に描いた餅と覚えておこう!

だけど、損大利小の勝率が高いタイプのEAにエッジがないかというとそんなことはない。
よいEAはある。
それらのEAで重要なのはフォワードテスト、それから取引がそこそこあることかな。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

EA採用のルール―追加

まだ、EA採用のルールがあるのを忘れてた。

6.バックテストの期間が5年以上(できれば10年以上)
7.バックテストの取引数が1,000回以上

6や7はバックテストの信頼性の観点から決めている。
目安なので、バックテストが4年だけど、フォワードが2年あればOKとか、
バックテストの取引数が例えば950回でも総合的にみてOKの場合がある。

でも、fx-onにはバックテストが1年未満のものも販売され、結構たくさん売れて、びっくりする (@@;)
1年未満なんていうのは問題外。

昨年、8個のEAを買って、4個は購入代金を回収して収益を上げることができた。
8個のうち、1個だけは稼働を止めたが、7個は稼働継続。
昨年は購入代金が回収できなかったEAも今年に期待!

そして、今年は何と年初から3個もEAを買ってしまった!

半年くらいまでに購入代金を回収できるくらいのロットを維持できる資金を持っていなければ、
EA貧乏になってしまう。
EA貧乏って、トレードの利益よりもEAの購入資金が上回っていること。

EA貧乏にならないためには、
自分の資金量を考えて購入するEAの数を考えることが重要!


クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR