ストラテジの探し方

前回、「T-Scoreを使わずに、どうやってよいストラテジを探すのかについては次回」と書いたら、
あらた様から「次の記事が楽しみですヽ(^o^)丿」とコメントをいただきました。

期待を持たせてごめんなさい。
T-Scoreを使わずに、よいストラテジを探す方法って、人海戦術なんです。

セントラル短資のミラートレーダで提供されているストラテジは395(2017年1月現在)。
同じストラテジでも通貨ペアが違うと複数カウントされているので、実際は100もない。
それを一つひとつ確認していく。
ストラテジ検索-カスタムフィルターで、期間を過去24カ月に設定して、ストラテジ名を選択して、検索ボタンをくりっくする。
おおよそのストラテジーは一目みただけでアウト。
よさげなストラテジはさらに口座開設以来の一般情報や統計、ストラテジの取引履歴を確認。
1年以上の実績、プロフィットファクター、月々の成績、取引履歴をみていく。
できれば複数ペアでよい成績を出していてほしい。

愚直な方法だけど、すべてのストラテジーを確認しても、1日かからなかった。
大事な虎の子を運用するのだもの、それくらいの努力はしてもいいのではないかな。
どんなストラテジにもドローダウンがあり、不安になることがある。
ただ、努力することでドローダウンに対する心構えもでき、ぶれずに運用していくことができると思う。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

T-Scoreの罠

ものすご~く、久しぶりの更新。
私事で忙しい。。。
言い訳しなくても、誰も更新を待っていないだろうけど(笑)

さて、ミラートレーダーでストラテジを選ぶときどうしたらよいのか?
各ストラテジのバックテストは一切公表されていない。
したがって、フォワードオンリーである。
フォワードは最低でも1年はほしいところ。

ストラテジを選ぶときにはストラテジ検索を使うのだけど、残念ながらフィルターにはPFが付いていない。
代わりにT-Scoreという、ミラートレーダーを提供しているトレ-デンシー社独自のストラテジの評価方法が付いている。
T-Scoreの算出式は公表されていない。
ミラートレーダーを始めたばかりの頃、私は、T-ScoreはPFみたいなものと思っていた。
しかし、ある時、大間違いであることに気付いた。

自分が選択しているストラテジーのT-Scoreをチェックすると、直近、成績が良いとT-Scoreが上がり、成績が悪いとダウンする。
全期間の成績を評価しつつ、直近の成績が加重されているらしい。
そのため、T-Scoreが良いストラテジーを選ぶと、必ず直近の成績もよい。

T-Scoreが良いストラテジを選びさえすれば、
簡単に儲かるように思えて、みんな舞い上がる。
でも、実はそれがトレーデンシー社がT-Scoreに仕掛けた罠。


T-Scoreが良いストラテジを選んでも、期待したように儲からないことが多い。
直近の成績が良いことと、あなたが運用を始めたあとの成績がよいかどうかは関係ない。

T-Scoreの算出方法を明示していないことからも、トレーデンシー社という会社の体質が透けて見える。
トレーデンシー社はイスラエルの会社。そう、ユダヤ資本なのです。

T-Scoreを使わずに、どうやってよいストラテジを探すのかについては次回。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

フルオートの行く末は?

ミラートレーダー(インヴェスト証券ではシストレ24)を提供しているプロバイダーは、おしなべて調子がよいストラテジーへの定期的な入れ替えを推奨している。
ストレテジーの入れ替えまで自動的にやってしまおうということで、インヴァスト証券はフルオートという機能までリリースされた。
しかし、本当にストラテジーの定期的な入れ替えは必要なのだろうか?

セントラル短資は口座開設者のみが見られるシストレ広場というコンテンツのなかで、ストラテジーのポートフォリオを組み、ストラテジーの定期的に入れ替えをして運用の見本を行っている。
口座開設者のみが見られるコンテンツなので詳しくは書けないが、ストラテジーの選択は、過去30日間の平均利益が○pips以上などのいくつかの条件によって行われている。
では、その成績はどうなっているのだろうか。

風林火山というポートフォリオでは、2013年3月から元金100万円で運用を開始して、一時は200万円ほどの利益を積み上げたが、その後は損失を重ねて最大で約70万円の損失となり、2016年10月現在でも約60万円の損失である。
このポートフォリオは公開されているので、200万円の利益積み上げたところで、スゴイ!3倍になっていると真似を始めたユーザーがいたら、最大270万円の損失になったということだ。
途中で止めると思うけど。
もうひとつシステム広場セレクション。こちらは2013年9月から元金500万円で運用を始め、一時280万円程度まで損失が膨らんだが、その後回復して2016年10月現在150万円ほど損失となっている。

3年以上続けて成績は全く安定せず、2016年10月現在で両方とも大きなマイナスである。
風林火山のドローダウンにいたっては、元金の2.8倍と醜いものとなっている。

セントラル短資のために一言付け加えると、他社も同様の試みをしたが上手くいかずに止めてしまった。
こんな成績でも続けていることは、顧客への情報提供という意味でえらいと思う。

しかし、各プロバイダーが薦める定期的なストラテジーの見直しをしたところで、利益を上げることは難しいということがよくわかる。
過去30日間が調子がよいからといって、次の30日間の調子がいいかどうかは5分5分。
そして、ミラートレーダーはスプレッドが大きいため、スプレッド分だけ損失が増えていくことになる。

インヴァスト証券のページをみると、フルオートのコンセプトは「ダメになったストラテジーを入れ替える」のではなく、「トップ級を常に選抜する」と。
さて、フルオートの行く末はどうなるのか?

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

騙されるな!ミラートレーダー

ミラートレーダーはストラテジーを選んで自動売買をする。
ちなみにミラートレーダーのシステム提供元であるトレ-デンシー社は元々はイスラエルの会社らしい。
ユダヤ資本ってことですね。ユダヤと言えばベニスの商人を思い出す、関係ありませんが。

トレーデンシー社が提供しているストラテジーだけで300種類以上あり、インヴァスト証券のシステム24は独自に200種類くらい追加している(自分できちん数えたわけではないので、だいたいということで)。

ミラートレーダーの画面でストラテジーを探そうとすると、3カ月間好調なストラテジーがずらりと並んでいる。
初めてだとワクワクしますねぇ。私もそうでした。
儲かったら、美味しいものでも食べに行こうかと。

なんて、絵に描いた餅。。。ショボン~

1カ月のうちで勝つか負けるかを2分の1ずつと考えて、3カ月連続勝つのは1/2×1/2×1/2=1/8。
つまり、確率的に8種類のストラテジーのうち1種類くらいは3カ月間好調というわけ。
300も500もストラテジーがあれば、3カ月間好調なストラテジーもたくさんあるということ。
300種類×1/8=37.5種類、500種類×1/8=62.5種類

過去3カ月好調だったことは、次の3カ月好調である保証にはならない。
過去3カ月間好調なストラテジーを選んで運用しても、勝つか負けるかは5分5分。
スプレッドを考慮すると、実は5分5分よりも分が悪い(涙)
そして、3カ月後にミラートレーダーの画面をみると、上位のストラテジーはほとんど入れ替わっているだろう。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR