FC2ブログ

FOREX EXCHANGE

MT4のブローカーは外為ファイネスト、オアンダの2つを使ってきたけど、新しくFOREX EXCHANGEを使うことにしようと思う。
FOREX EXCHANGEは、昨年12月にMT4を始めたばかり。
初期には、どうしてもシステムトラブルが起きやすいような気がするし、様子見だったけどそろそろいいかなあと。

FOREX EXCHANGEのHPで逐次のスプレッドを公表しているが、外為ファイネストよりもよいくらい。

特徴は、「約定確認を行わないダイレクトな取引(Non Last Look)を行うことが可能な『DMA方式』を採用」
よくわからんが、約定が早く、滑りが少ないらしい。

システムトラブルについては、ホームページには載っていないので、どの程度あるのかわからない。
大きなシステムトラブルを報告している利用者はいないので、大丈夫かなあと。
ただ、まだ、半年で利用者そのものが少ないので、本当のところはわからない部分はあるけど。

FOREX EXCHANGE 俺のMT4 新規口座開設
FOREX EXCHANGE 俺のMT4 新規口座開設
FOREX EXCHANGE 俺のMT4 新規口座開設?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
スポンサーサイト

オアンダ プロコース

オアンダでMT4が使えるのは、東京サーバー、NYサーバーのプロコースの2コース。
NYサーバーのベーシックコースは条件がよかったけど、自動売買禁止になってしまった。。。

東京サーバーはスプレッドが狭いが、システムが。。。
オアンダはダメ!
オアンダはダメ 追記1
オアンダはダメ 追記2
つい先日、7月3日にも3時間以上止まったし、fx-onのコミュニティによれば昨日あたりもシステムトラブルがあったもよう。

NYサーバーのプロコースjは、いまのところ、それほどひどいシステムトラブルはない。
NYサーバーは呑みでスプレッドは原則固定。EURUSD、USDJPYともに0.8pips。
外為ファイネストよりもスプレッドは広いけど、ほとんど滑らず、滑っても0.1pipsくらいなので、不利とは言い切れない。
ただ、スプレッドは原則固定なので、早朝時やイベント時などは当然、広がるが。

OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設?|?fx-on.com
0.5pipsは東京サーバーね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

外為ファイネスト

現在、私のMT4のブローカーは外為ファイネストとオアンダ(NYサーバープロコース)。

外為ファイネストはスプレッドは狭い!でも、滑る。
指値は有利な方に滑ることもあるが、逆指値はたいてい不利な方に滑る。
しかも、逆指値の方が滑りが大きく、2pips以上滑ることもある。

SnowLeopardを持っていると、成り行きでもどの程度滑っているか調べることができる。
やっぱり滑っていた(;'∀')

外為ファイネストのスプレッドは公式ページにはEURUSDで0.4pips~0.8pips、USDJPYで0.4pps~1.2pipsとなっているが、2pipsも滑れば実質のスプレッドはずいぶん大きいこととなる。
他のMT4のブローカーが外為ファイネストよりもスプレッドが大きくても、滑りが少なければ有利という可能性もある。
まあ、呑みじゃなければやっぱり滑るかなあ。
あと、外為ファイネストを使って自動売買している人もそこそこいるとすれば、人気EAは一斉に注文が出て、大きく滑る可能性が高いことも考慮すべきかと思ったりする。

システム障害もないわけではない。
最近は、レート配信元のトラブルが多い。
でも、ちゃんとシステム障害をHPで公表しているのは偉い!
そういう姿勢が信頼感につながる。

外為ファイネスト 口座開設
外為ファイネスト 口座開設
外為ファイネスト 口座開設?|?fx-on.com


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

オアンダはダメ!追記2

オアンダのカスタマーサポートセンターと何度もやり取りした結果わかったことは次のとおり。
MT4のログ上、EAはエントリーと同時に決済指値も決済逆指値も発注していた。
しかしながら、私のMT4の取引画面で決済逆指値が表示されていなかった。
その5つのポジションのうち、4つはオアンダサーバーに受け付けられており、1つは実際に受け付けられていなかった。

つまり、2つのシステムトラブルがあったことになる。
1つは決済逆指値がサーバーに受け付けられたにもかかわらず、それが表示されないというシステムトラブル。
もう1つはと決済逆指値が発注されたにもかかわらずサーバーに受け付けられないというシステムトラブル。
決済逆指値が発注されたにもかかわらずサーバーに受け付けられないというシステムトラブルは、複数エントリーというもののたった2つのエントリーだけで起こっている。

オアンダサポートセンターの方に、「システムトラブルの放置や顧客への報告が不十分だと行政処分もあるし、金融庁への通報制度もありますよ」と申し上げたら、「そうなんですか~」と初めて知ったみたいな返事。
う~ん。。。

通報窓口(金融庁証券取引等監視委員会)

カブドットコム証券の行政処分

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

ブローカー選びは難しい

呑み業者とはFXのブローカで注文を市場に流さず、自社内で処理する業者のことである。
顧客の反対売買を引き受けるため、顧客の利益は業者の損失、顧客の損失は業者の利益、したがって顧客が損をするように仕組んでいるという人がいるが、そういうわけではない。

FXのブローカーはカバー先を持っている。
呑み業者でない場合、顧客の注文をすべてをカバー先に流している。
呑み業者は、顧客の注文のうち、同じ通貨ペアの同じタイミングの売りと買いの注文は自社内でマッチングして、あふれた注文だけをカバー先に流している。
あふれた注文をカバー先に流さずに自社内で抱え込むことはリスクが大きく、通常は行わない。

カバー先にもスプレッドがあるので、自社内でマッチングさせた方がブローカーには有利である。
したがって、呑み業者は顧客にスプレッドを狭く提供できたり、自社の利益を大きくできる。

私の現在利用してブロカーは、外為ファイネストとオアンダ。

オアンダは呑み業者。
特に、ベーシックコースはとても顧客有利な条件だった。
ところが、多くの顧客が同じEAを使うと、一斉に同じ注文が発生するため、自社内でマッチングできずにカバー先に流す注文が増えてしまう。
そのため、顧客に提示した価格より不利な価格でのカバーが発生することが起こりやすくなり、ベーシックコースはEAによる自動売買締め出しになったのではないかと推測している。
もちろん、某EAによりサーバーに負荷がかかったことも理由なのかもしれないが

外為ファイネストは呑み業者ではない。
昨年の秋ごろから、滑りが大きくなり、注文より不利な条件で約定することが多い。
オアンダベーシックコースが自動売買禁止になって、外為ファイネストにも顧客が結構移ったのではないかと思われる。
国内業者でMT4が使えて、スプレッドが狭いのはオアンダベーシックと外為ファイネストだけだから。
多くの顧客が同じEAを使っていると一斉に注文が発生し、市場でさばくことが難しくなり、どうしても大きな滑りになるのだろう。

オアンダベーシックコースの自動売買禁止も、外為ファイネストの滑りが大きいのも、ブローカーとしての経営問題もあるので、仕方ない。
スプレッドを狭く提示するということは無理をしている面もあるのだろう。
ただ、オアンダのシステムの弱さ、外為ファイネストの滑りを考えると、スプレッドが多少広くても別のブローカーへの引っ越しも考えるべきかなあと悩んでしまう。
スプレッドが広くなるとスキャルピングで利益を得ることは難しくなる。
楽天証券もスプレッドが突然開くという事故があったし、いろいろ醜いことが報告されている。

ブローカー選びは本当に難しい。。。

クリックしていただけたら嬉しい!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com
プロフィール

ココFX

Author:ココFX
FXの自動売買をこれから始めようかなあと考えている方、始めたけどなかなか利益が出ないなあという方の参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR